排泄ケア研究発表

自然排便を促すための工夫

介護老人保健施設 サンビオーズ新琴似

岩谷幸子(介護士) 名久井綾(介護士) 田中知弘(介護士) 田中雅昭(介護士) 吉尾定子(看護師) 加藤ミサ子(看護師) 土佐侑司(作業療法士) 兼頭徹(施設長

特定医療法人 北海道循環器病院

大堀克己(理事長)

はじめに

当施設では80名の入所者の約半数の方が下剤を服用している。便秘により気分が抑うつ傾向にある方、排便の困難な方に対して、自然な排便方法はないのか検討した。6名の自然排便がない方を対象とし「日誌」という形で、4ヶ月間の排便回数・食事・水分摂取状況を観察し記録した。そのうちの2ヶ月間は自然に排便ができるよう4つの計画を取り入れ実地した結果を報告する。

研究概要

1 研究期間
2008年12月~2009年3月
  • 観察期間(12月~3月)
  • 排便促進期間(2月・3月)
2 対象
  • 入所者6名(男性1名・女性5名)
  • 日常歩行状態:独歩2名 歩行器2名 車椅子2名
  • 介護度別内訳:要介護1・3名 要介護2・1名 要介護3・1名 要介護4・1名
3 研究対象者
N氏 男 75歳/3/IIIa
対象者選定理由
排便の訴え聞かれるが、排便困難な為、主にGE・用指で対応している。
疾患
  • 多発脳梗塞
  • 高度房室ブロック
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 高血圧症
  • 高脂血
  • 症狭心症
食事携帯
  • 常食
  • 高脂血症食
  • 禁止食品(麺・納豆)
便意・尿意有無
便意・尿意あり。夜間は失禁も有。3日排便ないことも多い。
下剤内容
  • アローゼン0.5g×夕食後
U氏 女 93歳/1/I
対象者選定理由
本人が納得できた排便ができていない。精神的な気分の落ち込も見られる。
疾患
  • 狭心症
  • 骨祖しょう症
  • パセドウ氏病
食事携帯
  • 全粥
  • 心臓病食(塩分7g未満)
  • 禁止食品有(牛乳)
便意・尿意有無
便意・尿意あり。失禁なし。便が思うように出なく気分の浮き沈みが激しい。
下剤内容
  • 排便:3・4日目でアローゼン0.5g服用
Y氏 女 92歳/1/I
対象者選定理由
排便の量が少なく固執している。
疾患
  • 左大腿骨転子間骨折
  • 左変形性膝関節症
  • 高血圧症
  • 慢性心不全
  • C型肝炎
食事携帯
  • 常食(全て小盛り)
  • 軟菜
  • 禁止食品無
便意・尿意有無
便意・尿意あり。尿失禁パット内にあり。稀にトイレに間に合わなく便失禁あり。便秘気味であることなど自覚されている。
下剤内容
  • アローゼン0.5g×夕食後
I氏 女 90歳/1/IIIa
対象者選定理由
毎日、夕食後に下剤服薬されているが、下剤減量可能と思われる。
疾患
  • 多発性脳梗塞
  • 抑うつ状態
食事携帯
  • 常食肉のみ刻み禁止食品無
便意・尿意有無
便意・尿意あり。失禁が増えてきているが、パット装着を拒み現在、随時自ら衣類交換している。2・3日排便ない事も。
下剤内容
  • アローゼン0.5g×夕食後
M氏 女 91歳/2/IIIa
対象者選定理由
毎日、夕食後に下剤服薬されているが、自然排便が少くないため、下剤増量傾向がみられる。
疾患
  • 虚血性心疾患
  • 腹部大動脈瘤術後
  • 高脂血症
  • 耐糖脳異常
  • 左水腎症
食事携帯
  • 全粥(全て小盛り)
  • 一口大貧血食あり(ヨーグルト)
  • 昼食時→ポチ
便意・尿意有無
便意・尿意あり。失禁増えてきている。本人自覚無し。3日排便無し。
下剤内容
  • アローゼン0.25g×夕食後
K氏 女 78歳/4/IV
対象者選定理由
自然排便が少なく、常に便秘。硬便で排便困難な様子に伺える。
疾患
  • 認知症
  • パーキンソン症
  • 候群高脂血症
食事携帯
  • 常食
  • 高脂血症食
  • 禁止食品無
便意・尿意有無
トイレの場所を認識出来ていない。その為、時おり放尿・放便あり。最高7日間排便ない事もある。
下剤内容
  • 3日間排便が無し
    ⇒センノサイド1T ラキソベロン12滴
  • 翌日も排便が無し
    ⇒ラキソベロン15滴 追加