排泄ケア研究発表

スタッフの意識啓発と手技の統一で、
皮膚・排泄ケアの質と患者様のQOL向上をめざす!

一般財団法人甲南会
六甲アイランド甲南病院(兵庫県神戸市)
松尾知子副師長(皮膚・排泄ケア認定看護師)

入院セットの導入を好機とし手技の統一を図る

皮膚・排泄ケア領域で学ぶべきことはたくさんあります。IADについても院内で勉強会を開催し、知識習得に励んでいます。病棟ラウンドの際には、看護師、看護補助者におむつ交換や洗浄の指導を行い、手技レベルを高めています。皮膚・排泄ケアはややもすると関心が低くなりがち。気づきも工夫も、まずは関心を持つことから生まれます。予測的・予防的なケアを提供する上でも、スタッフの関心を高めることは大切です。そのためにできることから着々と取り組んでいます。

5年前にスタートした入院セットサービスも、ケアを見つめ直し、手技統一を図る好機としました。患者さまの持ち込み製品ではおむつの当て方や交換回数、製品の使用法がバラバラで、手技統一がままならなかったからです。入院セットには各種製品を採用しました。当初は、多様な製品を使いこなせるか不安もあったのですが、勉強会を開いたり、現場に一緒に入って、病院全体へと展開していきました。今もユニ・チャームさんの協力の下、フィッテングトレーニングを定期的に開催。意識啓発も進んでいます。

簡単・安心な製品でケアの質とQOLの向上を実現

スキンケアは皮膚・排泄ケア領域すべてに共通する基本。私はWOCナースとして、スキントラブルを未然に防ぐ視点を大切にしています。その観点から、「SkinCondition」は、パッド自体から褥瘡予防が図れれば…と期待して採用しました。同時に、おむつの使い方や交換回数も見直しました。重ね使いをやめ、交換回数を減らして睡眠時間の確保にも努めた結果、より快適にお過ごしいただけるようになったと思います。

また、清拭・洗浄では「おしり洗浄液Neo」「お肌にやさしいウェットタオル」を使っています。当院では、石けんを泡立てて洗ったり、Neoで汚れを洗い流したり、洗浄剤による陰部・臀部の清潔ケアを徹底しています。Neoは洗いつつ保湿もでき、短時間でのケアが可能です。人手の少ない夜勤帯や、処置中で体勢が限られるケースでも使いやすく、スタッフの負担も軽減されて好評です。

ウェットタオルは、個包装なのでタオルウォーマーで温めて使え、何より衛生的です。使い切れず余った分の処理に困ることもなくなりましたし、厚手でしっかり拭き取れる点もいいと思います。

患者さまの皮膚状態を見れば、看護の質がわかるといわれます。IADや褥瘡の予防も視野に入れ、今後もたゆみなくスタッフの意識啓発を図り、確かなケアをめざしていきます。

一般財団法人甲南会 六甲アイランド甲南病院(兵庫県神戸市)

神戸市東部の基幹病院として地域の信頼を集める六甲アイランド甲南病院。同院の松尾知子副師長は、専門外来でのコンサルテーション業務や病棟でのケア・指導に日々力を注いでいます。入院セットに各種ライフリー製品を採用されたことで、 IAD(失禁関連皮膚炎)や褥瘡の予防を図りながら、スタッフのさらなる意識啓発を進めています。

こちらの記事は、ユニ・チャームが病院・施設向けに配布している『ライフリーいきいき通信 2019年初夏号』に掲載している内容です。