排泄ケアの目的とプラン

排泄ケアプランの立て方

ケアプランの作成において、「排泄」は欠かせないテーマです。
対象者によってケアプランの立て方は変わります。

排泄ケアの対象者は、以下の3つに分類できます。

  1. 尿・便失禁(程度は問わず)が認められる人
  2. 排便コントロールが必要な人
    1. 便秘のある人
    2. 下剤の服用で排便を調整している人。浣腸・摘便を必要とする人
  3. 留置カテーテル挿入者

尿・便失禁(程度は問わず)が認められる人、排便コントロールが必要な人

留置カテーテルを挿入している人

出典:鎌田ケイ子編著「在宅用・フローチャート式ケアプランの立て方」