排泄ケアの目的とプラン

目的別の現状把握と対策

ケアプランの立案においても、排泄ケアは最重要課題のひとつです。
高齢者の現状や意向をくみ取り、今後の目標を短期・長期的に作っていくこと、そしてそれぞれの対策を実行していくことは、本人や家族にとって大きな励みになります。

楽しみにしている旅行に参加させてあげたい

生活上の問題点と解決すべき課題
  • 1時間間隔の頻尿
  • トイレに間に合わず失禁することもある
目標
3時間我慢できるように
対策
  • 医師への相談、医師による治療
  • 過活動膀胱(切迫性尿失禁)の治療(薬物療法)
  • 膀胱訓練(排尿間隔を延ばす訓練)
  • 尿量に合ったパッドの使用

自立でトイレへ移動、自立で排泄できるようにしてあげたい

生活上の問題点と解決すべき課題
  • 歩行困難
  • 衣類の着脱が困難
目標
第1ステップ
  • ベッド上での衣類着脱
  • ポータブルトイレへの自力移動
第2ステップ
  • トイレへの移動(装具、杖による歩行、車イス自走)
  • つかまり立ちでの衣類着脱
対策
  • 理学療法士、作業療法士によるリハビリ指導
  • 一部介助によるポータブルトイレ誘導
  • 一部介助による衣類着脱
  • 居室、トイレまでの環境整備
  • トイレ環境の整備

トイレ以外の場所での放尿をやめてほしい

生活上の問題点と解決すべき課題
認知症による失見当識のため、トイレが探せない
目標
トイレでの自立排泄
対策
  • トイレの場所をわかりやすく表示、廊下・トイレの照明・温度の調整
  • 排泄プロセスの観察と原因の究明
  • 排泄初期動作(排泄信号)のキャッチとトイレ誘導
  • 排泄間隔の把握とトイレ誘導
  • 排泄習慣訓練(排泄の動機付けと習慣化)

夜間のおむつ交換で睡眠不足。介護負担も軽減したい

生活上の問題点と解決すべき課題
  • 夜間多尿、夜間頻尿
  • 本人も介護者も睡眠不足
目標
夜間のおむつ交換の回数を減らす(なくす)
対策
  • 医師に相談、医師による治療(投薬の調整)
  • 水分量の時間調整、塩分の制限
  • 吸収力の高いおむつの選択

便失禁だけでもなくしたい

生活上の問題点と解決すべき課題
便秘→下剤→下痢→失禁の繰り返し
目標
便失禁をなくす
対策
  • 医師へ相談、医師による治療(下剤の調整)
  • 便秘をなくす食事、水分摂取、運動の見直し
  • 決まった時間(朝食後)にトイレ誘導する排便訓練