快適に過ごすためのスキンケア

おむつかぶれの原因と工夫

おむつをしている部位は褥瘡の発症しやすい部位でもあります。
快適で清潔に過ごせるように、おむつかぶれをしないケアを工夫することも大切です。

尿の湿潤

スキントラブル
  • 皮膚がふやけておむつ表面と摩擦を起こす
  • 刺激物が皮膚に浸透する
  • 細菌が増殖しやすい環境になる
紙おむつの予防機能
  • 高分子吸収材の使用で、吸水・保水能力が大幅に向上
  • 紙おむつ表面が、尿による肌の濡れを防止(逆戻りしない保水)
ケアの工夫
  • 汚れたら速やかに交換する
  • ていねいに清拭する
  • 肌を乾かす

尿と便との混合

スキントラブル
  • pHの上昇(アンモニアの産生)
  • 便中の消化酵素が活性化する
  • 細菌が増殖し、感染する
紙おむつの予防機能
  • 尿と便とを分離し、pHをより生理的状態に維持
ケアの工夫
  • 陰部を洗浄する